ハンドメイド作家さん向け

WordPressテーマ「JIN:R」を使うためのアイデア(限定記事)

Macbookとデスク
hime*hima

先週嬉しい出来事がありました。

編み図サイト内で、限定記事の販売を開始したのだけど、その有料記事が作れることの嬉しさをTwitterに投稿したら、その開発者ご本人からリプライをもらい、さらに私のサイトまで見ていただけたのですよ。

このツイートで開発者のひつじさんと繋がった!!

ひつじさんは WordPressテーマ「JIN:R」の開発者さん

編み図サイトやこのブログサイトは、「WordPress」という簡単にサイト作成ができる無料のソフトウェアを使って作っています。

簡単といってもページ構成などはちゃんと自分でやらないといけないのですが、そのページ構成等を手伝ってくれるのが、WordPressにインストールできるテーマデザイン。

そのテーマデザインを開発しているのがひつじさんなのです。(ひつじさんはTwitterのアカウント名)

WordPressのデザインテーマは、無料のものと有料のものがあって、テーマによってはできることとできないこと(ページ構成・レイアウトなどで)があるんです。

ひつじさんが開発したテーマは、こんなレイアウト・構成でページを表示させたいなという要望を簡単に叶えてくれる機能がたくさん実装されているので、ほんとうに「痒い所に手が届く」テーマデザインとなっています。

ひつじさんが開発したテーマはこちら
JIN:R 使いやすさを追求したWordPressテーマ
JIN:R 使いやすさを追求したWordPressテーマ

自分のサイトをWordPressで持つなら「JIN:R」がおすすめ

編み物とは直接関係ないけれど、もし、ここを読んでくださってる方で、今後、自分のウェブサイトを自分で作ってみたいと思っている方がいるなら、WordPressで作るのがオススメだし、何よりこのテーマデザイン「JIN:R」を利用されるのがほんとうにオススメです!!

「JIN:R」を使うメリットなら結構な数並べられますよ!

WordPressってなに?がよくわかるサイト
WordPressとは?初心者でも分かるように仕組みを図解
WordPressとは?初心者でも分かるように仕組みを図解

「JIN:R」を使うメリット

  • 15個のデザインプリセットがあって、すぐに自分にイメージに合うレイアウトデザインや色などを実装できる。
  • WordPressプラグイン(拡張機能プログラム)を入れなくてもサイトがある程度完成するので、余計なプログラムをサイトに追加しなくてもいい。
  • スマホ画面でのメニューボタンやコンバーションボタン、他にも色々、こういうのあればいいなっていう設定が簡単にできる。
  • プライバシーポリシーや運営者情報などのページも、ある程度の下書きと一緒にインストールされるので、ちょっと小難しいページの作成が簡単にできる。
  • フォーラムがしっかりしてる。不具合や質問などちゃんと答えてくれている。

と、これだけじゃなくて、個人的にはシンプルなデザインとページレイアウトに融通が利くこと、ボタンや見出しなどの装飾が過美じゃなく好みに合ってることなども、使うメリットかなと思っています。

「JIN:R」を使うデメリット

「JIN:R」を使うデメリットは、ない!と思っているのだけど、無料テーマでもサイトが作れるWordPressなので、有料であってお値段が19,800円というところかな?

でも、「JIN:R」を使っていると、お値段以上だとも思うので、有料でも使う価値大アリなテーマデザインかなと思っています。

「JIN:R」で限定記事を有料販売するアイデア

あわせて読みたい
JIN:Rでの「有料コンテンツ」の導入方法!オリジナル商品販売の流れと注意点
JIN:Rでの「有料コンテンツ」の導入方法!オリジナル商品販売の流れと注意点

前置きがずいぶん長くなってしまったのだけど、そもそもこの「JIN:R」が今一番アツイのは、限定記事が有料販売できる機能が備わったこと!なんです!

これまでも、サイト内での有料販売は、プラグイン(拡張機能)を使えばできたとは思う。けど、このテーマだけで、プラグインを追加せずとも、細かい設定をしなくとも、この機能が使えるということはほんとうにすごいアップデートリリースだったと思うのですよ!

ほんとうにひつじさんありがとうございます!

それで、ここからが本題というか、この”限定記事を有料販売できる機能”をどう使うか?というところなんですけどね。

その機能を使ってできることを私なりに考えてみました。

私は、hime*himaの作品の編み図を無料公開していて、noteとかでは一部有料での販売もしているので、作品によってはページを限定して有料にします!みたいなことで使わせていただいています。

ハンドメイド作家さんが、WordPressを使ってWebサイトを作って、有料記事の販売をされる場合どんなことができるかな?と考えてみたのです。

2023年5月中に公開する限定記事は1回の購入で全て見れます

ここから先は限定公開です。
この続きの文字数: 「約1520文字

すでに購入済みの方はこちら

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
スポンサーリンク
hime*hima
hime*hima
クロッシェレースドイリーの作家
Profile
レース編み・かぎ針編みのドイリーと雑貨作品を紹介しています。 仕事的なことは、法人の代表もやってます。
個人的な内容も書くかもだけど、秘密の話は有料記事になってます^^;
スポンサーリンク

購読には会員登録が必要です

「半角英数字」と「大文字1個以上」を含む、8文字以上

会員登録には 利用規約/特定商取引法に基づく表記 への同意が必要です。

すでに会員の方はこちら

ログインして記事を読む

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方
新規会員登録はこちら

パスワード再設定

パスワードを再設定します。入力したメールアドレスに再設定用のURLをお送りしますので、パスワードの再設定を行なってください。
キャンセル
記事URLをコピーしました